松和会の目指していること

  時代の変遷とともに、精神科病院に求められるものが変化してきています。入院治療の必要な精神障害者を治療し、障害を抱えながら家庭生活・社会生活が可能になるように支えること。精神障害者のノーマライゼーションが求められています。私たちの病院では、早くからこれに着手してきました。
 精神科病棟を急性期・亜急性期・慢性期に機能分化して社会復帰を目指し、精神的健康の回復と生活機能の維持及び回復を中心に治療を行っています。また、病院から在宅への橋渡しとして福祉ホーム等の中間施設を整備し、デイケアや訪問看護で在宅生活を支え、より効率的な社会復帰を援助しています。また、高齢社会の中、認知症が増えています。認知症についても急性期、介護老人保健施設での療養、重度認知症デイケアによる在宅生活の支持を行っています。

在宅生活には家族の協力が不可欠ですので、家族会も精神科・アルコール症・認知症・とそれぞれに組織しています。家族の中で疾患の理解、治療への協力要請と不安な要素の解決を行っています。
  松和会では、すべての医師、コメディカルスタッフなどが連携協力して精神障害者の充実した療養と生活をサポートして行きます。

理事長・院長 山浦 敏宏