全ての患者様は、その人格を尊重され健康に生きる権利を有しています。健康を回復し維持するため最善の医療を受けることは、患者の基本的権利です。
 私たちはここに患者の権利について宣言し、これを保持し、患者の擁護者としてその実現に鋭意努力いたします。
1.個人の尊厳
  • 患者は、病を克服しようとする主体として、その生命・身体・人格を尊重されます。
2.平等な医療を受ける権利
  • 患者は、その経済的社会的地位・年齢・性別・疾病の種類などに関わらず平等な医療を受ける権利を有します。
3.最善の医療を受ける権利
  • 患者は、必要なときいつでも、医療従事者の援助を求める権利を有します。
  • 患者は、医師及び医療機関を選択し、転医する権利を有します。転医に際しては、診療に関わる情報及び記録の写しの交付を求める権利を有します。
  • 患者は、現在受けている医療に関して自己決定するために、他の医療機関を受診する権利を有します。
4.知る権利
  • 患者は自分の状況を理解する全ての情報を得る権利を有します。
  • 患者は検査や治療の目的・方法・危険性・これに代わりうる手段、また既に実施された検査・診断・治療の内容及び結果、病状経過などについて充分な説明を受ける権利を有します。
  • 患者は医療機関に対し自己の診療に対する記録などの開示を求める権利を有します。
  • 患者は医療機関から診療に要した費用の明細の報告及び医療費の公的援助に関する情報などを受ける権利を有します。
5.自己決定権
  • 患者は上記の誠意ある説明と助言を充分受けた上で、自己の自由な意思に基づき、検査・治療を受け、選択しあるいは拒否する権利を有します。
6.プライバシーの権利
  • 患者はその承諾なしに、自らに関する情報を自己の診療に関与する医療従事者以外の第三者に、開示されない権利を有します。